協会について

代表挨拶

代表 松本耕平

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

協会理念

  1. 手技のプロフェッショナルとして日々努力し
  2. 手技療法を通じて多くの人を笑顔にする
  3. 手技だけでなく、健康に関する分野(ヨガ、体操、音楽)と連携をとり自然と学術を合わせていく
  4. 複雑な体であるからこそ多角的な見方をもち柔軟に対応する

協会の活動

  • 手技療法の魅力を社会につたえていくこと
  • 本当に身体が回復するための手技を協会でプロ、一般に人に提供をしていく
  • ボランティア活動等もおこなっていく
  • 手技があるからこそ、手技にしかできないものを伝えていくこと
  • 安全で効果の高いものを提供する

協会の使命

  • 命を見て、地球人類、動物も含めて施術ができる施術をしていき健康へと導く事
  • 手技を部分的な筋肉、関節にとどまらず、靭帯、膜、あらゆるものに働きかけて回復させる手技を提供に寄与する事
  • 健康とは、楽しくてハッピーである状態も一つある。ただ、元気であるべき姿ではなく、楽しくあることする。
  • 真面目と遊び、真剣に遊び、真剣に施術し、真剣に人の命に寄り添う
命とは、全体性であり。肉だけとか部分ではありません。
精子と卵子の受胎から始まる物語があり、地球が出来上がる宇宙の起源までさかのぼっていくように思います。
その為、統合というけど、手技のみでなく、健康、生きる事などのトータルで考えていけるものでありたい。